健康管理システムを効果的に利用して健康になる方法

大企業での勤務は一般的にストレス度が高く、スケジュール調整が難しいので、不健康に傾きやすくなる可能性があります。規模が大きな会社ほど福利厚生がしっかりしていて、人事総務部などが社員の健康状態を管理しています。大人数の健康管理をする場合、健康管理システムと呼ばれるツールを使用するのですが、社員自身がアクセスして情報を操作することはありません。健康管理システムを効果的に利用するためには、健康診断とストレスチェックの2つの検査を毎年必ず受けるようにしましょう。そうすることで自分の健診データが保存でき、一年前の検査値などを比較することができます。主にそのデータを管理するのは産業保健のスタッフや人事部です。なぜ人事部が管理するのかというと、健康管理システムは健診データをとストレスチェックの管理の他に、勤怠管理も含まれているからです。

健康診断を受けて検査値を把握し日々の生活に活かす

健康診断には一般的な血液検査やレントゲン写真はもちろんのこと、成人病や癌などの早期発見に結びつく検査があります。検査値から毎日の食事の偏りや、健康を害する嗜好品などを改めて見直すことができ、健康的な生活へと戻していくことができます。食事や嗜好品だけでなく、運動習慣の有無なども見直して、健康的な生活を送るきっかけにもなります。健康管理システムの利点は、単に検査値を比較するだけでなく、産業保健スタッフによる保健指導を行った履歴も保存されます。長期間同じ職場に勤務している人などは、保存されているデータから職場替えを検討しなくていいのか、同じ職種のままでいいのかなど、効率の良い職場環境を調整できます。たまに健診や保健指導を疎ましく思う人がいますが、自分の健康のためには良いことなので、積極的に受けるようにしましょう。

メンタルチェックで職場環境を整える

精神的なストレスは仕事の効率の低下を引き起こすだけではなく、身体的な健康を害する場合があります。例えば、悩みを抱えると睡眠状態に変化が起こります。普通の睡眠時間が短くなったり逆に長くなってしまうことがあります。睡眠状態に異常が起こると、勤務時間中に体調不良を引き起こしたり、食欲の低下を招いたりと、毎日の生活にも変化をもたらします。ストレスチェックのテスト結果は外部に委託することが多く、同じ部署の上司だからといって、部下のストレスチェックの結果を知っている訳ではありません。安心してストレスチェックを受けましょう。結果は一人一人に知らせてもらえます。健康診断と同様にストレスチェックも毎年受けることをお勧めします。健康管理システムを上手に利用することは、健康診断やメンタルヘルスチェックを定期的に受けることで、結果的には一人一人が健康に向かっていくのです。