企業などが業績を出し続けるためにはいろいろな企業努力と、そこで働く人材が大きく関わってきます。社員が健康でなければ、業務を維持できなくなることもあり、回復するための長期休暇を要したり、雇用を続けられなくなる事にもなってしまいます。働きながら健やかに過ごせるようにと、社員の精神面や身体的面において、企業が把握して管理をしておく必要性があるのです。このような流れを受けて、2015年には従業員が50名以上である会社を対象に、年1回のストレスチェックが政府によって義務づけられたのは記憶に新しいところです。これを皮切りに、健康管理システムの導入を検討した企業が増えてきて市場も年々拡大しているのです。社員の健康を管理するのに役立つツールとして、健康管理システムのメリットは大きいと考えられたのです。

健康管理システムの導入が社員の健康をサポートして守る

雇用する従業員の健康を管理すること民法や労働基準法などにも盛り込まれていますので、企業のコンプライアンスから言っても法令遵守が大切になってきます。違反した場合は雇用主が罰則を受けたり、健康や安全に対する配慮の義務を怠たりもしも社員が健康を害した場合には、大きな賠償問題に発展するケースも増えてきていますので、健康管理業務への認識は今ではとても重要視されています。労働する側にも、健康への認識が広まってきているのですが、実際には膨大な業務に日々追われてしまうために、社員一人一人への手厚い健康管理への対応は、企業側にとっても社員本人にとっても、難しくもあります。そのような場合に、この健康管理システムが威力を発揮して、健康管理に特化した業務をスムーズにできるサポートをしてくれることになるのです。

健康管理システムで管理する業務にかかるコストを削減できる

法制度に基づいて、社員に対しての健康管理を行ないたいと考える企業にとって、健康管理システムの導入は心強いサポートになります。社員数も多ければ、当然個々の健康に関するデータも膨大な量になりますが、健診のデータやそのアフターフォローに関する内容等の膨大なデータである健康情報を、システムによって一元管理ができます。また全ての社員に均等に過不足のない健診を受けてもらえるようなサポートもしやすいです。健康の情報のデータを管理することで、それらを集計したり分析したりがシステムによって簡単にできたり、予防に向けての推進を行なうことも可能になります。従来であれば、専門知識が必要であったような分析も、システムの導入が可能にしてくれたり、会社内部ですることと外部に委託することなども振り分けることもできます。システムを上手に活用することで大きな利益をもたらすのです。

リアルタイム進捗管理や台帳出力が可能な健診ポータルサイト『i-Wellness』利用料も含まれます。 健診から保健指導までのワンストップサービス提供します。 健診対象者数や健診メニュー・オプション項目等の情報に基づきネットワーク健診料金をお見積り致します。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健康管理システムならウェルネス・コミュニケーションズにお任せを